自毛植毛ヘアタトゥー

自毛植毛VSヘアタトゥーどっちがおすすめ!?

自毛植毛VSヘアタトゥーどっちがおすすめか比較しました。参考になれば幸いです。

 

自毛植毛とヘアタトゥーの比較

 

 

値段

 

自毛植毛 1,000株あたり100万〜120万円
ヘアタトゥー 10万〜50万円

 

 

自毛植毛の1株とは毛穴から生えてる毛の単位で平均するとひとつの毛穴から2本〜2.5本と言われてます。なので1,000株であれば2,000本〜2,500本ぐらいです。1000株の場合、例えばドラゴンボールのベジータと同じくらい生え際が後退していた場合、完全には生え際を隠せません。

 

またクリニックによって費用は変わりますが平均すると1,000株あたり100万〜120万円の費用のところが多いですね。

 

 

ヘアタトゥーについては前髪から後頭部まで入れるなら約30万。全体をするなら約50万までかかります。

 

 

値段を比較すると圧倒的にヘアタトゥーの方が安いです。どちらも一度施術をしたら死ぬまで何もしなくても良いということにはなりません。ヘアタトューは定期的なメンテナンス(年に1度)が必要になりますし、植毛についてはその後何もしなければ既存毛の薄毛の進行は進みますので、フィナステリドを使うとか育毛剤で抜け毛予防をしなければなりません。

 

 

 

口コミ評判

 

自毛植毛 良かったという人と後悔した人と評価に差がある
ヘアタトゥー 口コミ自体が少なく評価が出来ない

 

 

自毛植毛に関しては、やって後悔してる人もいれば早くやれば良かったという人で2極化してます。恐らく期待し過ぎると思ったほど良くなかったと感じるのかもしれません。また植毛した毛に関してはほとんど抜けないというケースが増えてきてるように感じますが、既存の毛の薄毛が進行して、それに対して不満を思ってる人はいます。

 

その為、かなり薄毛が進行してこれ以上進むことはあまりないという状態で手術をするか、それとも今後もフィナステリドや育毛剤を使って抜け毛予防を続けていく覚悟がある人が手術をした方が良いと感じます。

 

ヘアタトゥーは口コミが少ないです。ネットで調べても2chで実際に施術した人は1人?ぐらいかもしれません。店舗数も日本では少ないので、善し悪しの判断が出来ない状況ですね。

 

 

 

メリットデメリット

 

  メリット デメリット
自毛植毛 後頭部の毛なので抜けづらい、生え揃うと自然な仕上がりになる 既存の毛が後退すると、不自然に見える、お金がかかる、後頭部に傷跡が残る、しっかり生えてくるまで半年〜1年はかかる
ヘアタトゥー 植毛と比べると安い、ヘアラインを自由に決めらる、すぐに髪があるように見せれる 触られると毛の感触が無いのでバレてしまうし、間近に来られると気づかれる可能性がある、生えてくる毛は適度に剃らないと不揃いになる

 

 

それぞれのメリットとデメリットをまとめるとこのようになります。自毛植毛はとにかく値段が高いというデメリットと、既存の毛が後退してきたとき離れ小島のようになってしまうところが痛いところですね。ヘアタトューは植毛と比べて安いですし、施術後すぐに髪があるように見せられますがバレる可能性は植毛よりも高いでしょう。

 

またヘアタトューは坊主頭にするしかないので、似合うかに合わないかの問題があります。日本人の場合坊主にしてる人の方が珍しいので、すぐ触ろうとする人だとバレてしまいますね。なので、おしゃれを楽しむような感覚で実践してもらった方が良いかもしれません。

 

自毛植毛とヘアタトゥーの比較のまとめ

 

 

まとめると、以下に該当する人がそれぞれ自毛植毛かヘアタトゥーにするか選んでみると良いでしょう。

 

 

自毛植毛を選んだ方が良い人はこんな人

 

  • お金がかかっても良い!確実に自分の髪で薄毛をなくしたい人
  • 既存の髪が抜けないように、植毛後のケアも継続して出来る人

 

 

 

ヘアタトゥーを選んだ方が良い人はこんな人

 

  • すぐにでも生えてるように見せて顔の印象を変えたい人
  • バレる可能性があることを承知でできる人

 

 

 

以上、自毛植毛とヘアタトゥーの比較でした。どちらを選んだにせよこれからずっと付き合っていくことになります。どちらの方が自分に合っているのか?確認して選ぶことをオススメします。