副作用リスクのない育毛剤

危険な副作用のリスクがない育毛剤のおすすめを紹介!

 

効果があると話題の発毛・育毛剤はたくさんありますが、化学的成分も多く含まれていて、副作用が心配されるものも多く存在します。せっかく薄毛や抜け毛が改善できたとしても、体の調子が悪くなってしまったりしたら元も子もないですよね。今回は、副作用の心配がないおすすめの育毛剤をご紹介します。

 

 

発毛剤・育毛剤に広く使われている化学薬品の副作用

 

男性型脱毛症(AGA)の治療には、フィナステリドやミノキシジルといった薬がよく使われています。今となってはAGA治療に頻繁に用いられる薬となっていますが、いずれも本来はAGA治療のための薬ではありませんでした。

 

フィナステリドは前立腺肥大症や前立腺がんの治療に主に使われていて(日本では未認可)、AGA治療薬としてはプロペシア、プロスカーという名前で知られています。しかし化学的に作り出された薬なので、胃の不快感や性欲減退、勃起機能不全、射精障害、精液の質の低下、肝機能障害などの副作用もあるとされており、特に妊娠中の女性においては胎児の奇形などのリスクもあるため、成人男性しか服用することはできません。

 

もう一つのミノキシジルは高血圧の薬として用いられており、後に薄毛に効果があることがわかったため、AGAの治療薬としても用いられるようになりました。個人輸入などでミノキシジルを主成分とした内服薬の入手は可能のようですが(こちらも日本では未認可)、先ほど記述した通り高血圧治療を目的としているため、重大な副作用も心配されます。副作用としては、吹き出物、性欲減退、多毛症、低血圧、不整脈などが挙げられます。

 

 

副作用のないおすすめ育毛剤

 

では、一般的な発毛・育毛剤に使われている化学的成分を含まず、副作用も心配ない育毛剤をいくつかご紹介します。

 

 

まず一つ目はプランテルです。

 

この育毛剤の特筆すべき点は、M-034(海藻エキス-1)が含まれているという点です。先ほど育毛剤によく使われているミノキシジルについて述べましたが、M-034はこのミノキシジルと同等の効果が期待できます。ですが、パッケージにある海藻エキスという表示を見てわかる通り、海藻(北海道のミツイシコンブ)に由来した成分であるため、副作用の心配はありません。

 

薄毛に悩む方の中には「M字部分から薄くなってきてしまった」という方も少なくないのではないかと思いますが、このM-034はそういった薄毛に特に効果的です。これ以外の成分を見ても化学的成分は含まれていませんので、副作用が出る確率は極めて低いといえるでしょう。

 

 

そして二つ目はフィンジアです。

 

この育毛剤には、キャピキシルとピディオキシジルという2種の育毛有効成分が含まれています。キャピキシルは女性ホルモンと同様の働きをするとされるイソフラボンを含むアカツメクサと、アミノ酸4種から成るアセチルテトラペプチド-3を合成した成分で、ミノキシジルの3倍の有用性があると注目を集める育毛成分です。ピディオキシジルはミノキシジルに似た分子構造を持つ育毛成分ですが、ミノキシジルのような副作用はありません。また、これ以外にトウガラシなどの辛み成分であるカプサイシン、その他10種類の成分を配合しています。

 

 

そして三つ目はチャップアップです。

 

この育毛剤には、頭皮の血流改善に効果のあるセンブリエキス、頭皮を清潔に保ってくれるグリチルリチン酸、炎症を抑えてくれるジフェンヒドラミンHCという3種の育毛有効成分が含まれています。この3種以外に44種の成分を独自に配合し、更なる脱毛を予防、そして育毛を促進します。香料や着色料といった添加物も不使用なので安心です。

 

一般の育毛剤や発毛剤には成人男性しか使えないものもありますが、チャップアップは男女問わず使うことができ、ご夫婦で使っているという方もいらっしゃるようです。100人中97人が満足したと回答した育毛剤、一度使ってみる価値はありそうですね。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?髪の毛はじっくり時間をかけて育つものですから、1週間程度で効果が現れるということはありませんし、育毛剤は短くても3ヶ月〜半年は様子を見なければなりません。長く使うものですから、できる限り副作用がないものを選びたいですよね。

 

こちらに紹介したもの以外を購入する場合でも、効果の高さだけでなく、含まれている成分もしっかり確認するようにしましょう。

 

 

よく読まれてる記事

 

植毛後の脱毛予防におすすめの育毛剤について